忍者ブログ

機動戦士ガンダム外伝THE BLUE DESTINYについて取り扱うブログです。ブルーディスティニーに関するいろいろなコラムを書いています。

2017.11┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
HOMEコラム・設定の歴史ブルーと陸ガンの設定画における比較・背中

ブルーと陸ガンの設定画における比較・背中

2011-07-05-Tue 02:13:31 │EDIT
ブルーと陸戦型ガンダムの設定画における比較、
今回は背中です
前回、腕もやると告知してましたが私事で忙しかったのでモチベと余裕ありませんでした。
言い訳ですが。
ごめんねごめんね。


というわけで今回は取り急ぎ背中だけ。短いよ。

-----
◆背中

左がブルー1号機、右が陸ガン。
バックパック込みだと随分と印象が違います。
バックパック無しの設定画はありませんので、画像からバックパックを隠して比べてみましょう。


パーツを切り出して比較(赤く着色してあるのが陸ガンのパーツです)

上を基準に重ねてみました
パネルラインが違いますが、形はかなり近いのがわかります。
下部分が余ってしまいました。これはなぜ?


下を基準に重ねてみる。
下部分は、形は違えど腹の2段の構成の大きさは同じようです。
今度は上が余ってしまいました。
では、上下を分けて重ねてみると…


ブルーの腹部ミサイル発射口に繋がるバレル部分が、ほぼピッタリと表れました。
ブルーはこの部分だけ、陸ガンより胴体が長くなっていたようです。
[追記]
あくまで”ほぼ”です。実際は上の部分がバレル上部に被さっています。
掲載した画像では分かり難いので、後日訂正しておきます



(胴体の正面画では胸から肩にかけての傾斜の分でブルーの胴体が長くなっていましたが、その辺との整合性がイマイチ付かないような…?
いやいや、何か見落としている気が…。わからん。
あとHGUCブルーの腹部ミサイルの寸詰まり感はブルーの胴体バランスを陸ガンに合わせた分、そこが割りを食ったからだと今気づいた)



-----
今回はここまで。
次回こそ腕。ぶっちゃけ上手く検証とまとめが出来ず、にんともかんともニンニンな状態。
でもたぶん週末にはまとめられる。まとまると思う。
まとまるんじゃないかな?
ま、ちょっと覚悟はしておけ(さだまさし風に)





◆雑記
オリジンアニメ化…だと?
新作のガンダムAGEも控えてるしUCのアニメもまだ続くし
ガンダムって30周年を超えて今なお勢い衰えないのが凄いなぁ

拍手[0回]

PR
■この記事にコメントする
この記事のコメント投稿フォームです。
Name:
Mail:
Url:
Title:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass:
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
■この記事へのトラックバック
この記事のURLとトラックバックURLです。
必要に応じてお使いください。
この記事のURL▼

この記事のトラックバックURL▼

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
26 27 28 29 30
最新コメント
[11/14 NONAME]
[09/13 アスパラgas]
[03/03 T田中]
[01/14 早起きさん]
[04/25 ニコ]
プロフィール
HN:
シダ
HP:
性別:
男性
自己紹介:
「機動戦士ガンダム外伝 ブルーディスティニー」や一部ガンダム外伝系のネタを取り扱ってます。設定の考察よりも、設定の成り立ちや変遷を追ってます。まあ、参考程度に。

一年くらい更新を休んでましたが戻ってきました。

過去記事のは「カテゴリー」の「記事インデックス」、もしくはそれぞれの項目を参照。セガサターンソフト「機動戦士ガンダム外伝」の情報及び過去のブルー関連フィギュア、カード(2004年頃まで)についてはHP:蒼色一号を参照のこと。
メール:tdfuh1abg@hotmail.com(@は半角)
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
忍者アナライズ
フリーエリア
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 Blog蒼色一号 Some Rights Reserved.
http://blue01exam.blog.shinobi.jp/Entry/164/
忍者ブログ[PR]