忍者ブログ

機動戦士ガンダム外伝THE BLUE DESTINYについて取り扱うブログです。ブルーディスティニーに関するいろいろなコラムを書いています。

2017.09┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
HOMEブルー・フィギュア食玩「GUNDAM STANDart:」にブルー1号機、3号機登場!

食玩「GUNDAM STANDart:」にブルー1号機、3号機登場!

2012-02-05-Sun 01:37:25 │EDIT
1月末より、「GUNDAM STANDart:」の新作が全国のコンビニ等にて発売。
今回のラインナップにブルー1号機、3号機が登場しました!












それでは、当ブログ的にいろいろ見ていきたいと思います。
以下、今回の食玩、スタンダート版が設定画からどのようにアレンジしているかを挙げていきますので、その辺に興味ない方はスルー推奨です。
代表的な立体物としてGFF、HGUCを頻繁に引き合いに出しています。これらをお持ちの方は、実際に見比べてみると面白いですよ。

-----
◆ブルーディスティニー1号機
全体






設定画を基本とし、スタイルはGFF寄りに、デティールをGFF、HGUCから拾ってきたというのが個人的な印象。
スタンダート版アレンジといえる、独自のデティールが随所に追加されています。

目を引くのが、配色。
本来ブルーの頭部は胴体と同じ青なんですが、スタンダートでは肩などと同じ青に塗装されています。
そして、関節部が銀色。設定画のグレーよりも明るいので、これだけで印象が違いますね。
(なお、GFFで濃いグレー、HGUCではグレー。)


パッケージの箱に対し、意外に小さいです。
全高約8センチで、ちょうどタバコの箱と同じ大きさです。


◆頭部

若干ゴーグルが小さいですが、そのほかは設定画に近い構造。
GFF・HGUCで見らるような「バルカンポッドの底辺が顎まで届く」構造ではなく、オリジナルと同じバルカンポッドなのが好印象です。
首まわりの銀色が目を引きます。

◆胴体

ミサイルの下あたりに追加デティールあり。


バックパック、設定画の細かいデティールも再現。
バーニア、スタンダートでは設定画通りの白。
GFF、HGUCでは灰色に塗られている箇所ですので、気になった方もいるのではないでしょうか。

◆肩、腕

赤矢印、平行線のパネルラインあり(GFF、HGUCにもあり)。
赤丸、この辺りが追加デティールです。
(これらは左肩も同じ)
01ナンバーは白字。設定画では黒でした。
(なお、ゲーム中では白。GFF、HGUCも白)


設定画ではただのブロックのようだった関節にもディティールが。
HGUC風だけど、ちょっと違う感じ。
腕、ここが追加ディティール。


◆腰まわり

腹の蛇腹部分は設定画では明るいグレーでしたが、スタンダートでは濃いグレー。
(なお、GFF、HGUCともに濃いグレー)
フロントアーマーの緑丸はGFFにも見られるデティール。
マガジンはマシンガンと同じ、濃いグレー。この配色はGFFが参考になっているか?
設定画では腰装甲と同じ青でした。

リアアーマーは設定画と違い、陸ガンとほぼ同じ形。
黄色丸は設定画にもあったデティール、赤丸、赤矢印は追加デティールです。


◆脚

設定画には無い、サーベルラックの分割線があります(写真では見づらいので赤線でなぞりました)。
GFF、HGUCに倣ってでしょうが…このサイズのフィギュアでちゃんと再現してるのが芸コマ。



ふとももは設定画準拠の形になっています。
脚部バーニアの形が特徴的。縦長なのは造形の都合上か?

設定画と違う、白い配色も目を引きます。
このパーツが白なのは、2号機のほうだったりする。

赤枠は追加ディティール。
アキレス腱付近、緑枠のあたり…さすがにここはサイズ的に厳しかったか。


スネ内側のブロックは設定画やGFF、HGUCとも違う独特の形。
赤丸、赤線、追加デティールです。開閉ができそうなラインが内側に入っているのも珍しい。



◆その他
装備は基本設定通り。
(そういやGFFみたいなサプレッサー装着マシンガンの1号機って最近見ないな。没設定になったのかしらん)


パーツを分割するとこんな感じ。
立ち姿を魅せるフィギュアであって可動は考慮されておらず、動かせるとしたらこれらの箇所になります。
ひねりを加えて、わずかですがポーズに表情がつけられます。


パッケージの機体解説にて、「ニュータイプ殲滅用OS」「殲滅行動を開始する」など、やたら殲滅という単語が使われてたのにはなんかワラタw
ところで、このシリーズには解説カードが付属してたはずだけど、今回はありませんでした。
ジムスナイパーカスタム以来の購入だったんですが、いつから付属して無いんだろう…。
カードも楽しみだっただけに、それが残念。



---
◆ブルー3号機

1号機のパーツ一部変更、色変更。
盾はGFF、HGUCでもお馴染みの形状。
配色は殆ど設定画準拠ですが、腰のマガジンは1号機と同じくマシンガン準拠の配色(まあ、3号機が持ってるのはビームライフルなんですけどね)。
関節、設定画では緑っぽい色でしたがスタンダートでは銀色です。


宇宙用バックパックもばっちり装備。バーニア内の塗装はサイズ的に厳しかったか。


頭部、小さいながらも頑張って塗装されています。


1号機と違うバーニアもちゃんと再現。

-----
プライズ、食玩などのフィギュアシリーズでは実に4年ぶりのブルー登場です。
最初に見本が掲載された時は少し不安でしたが、
スタンダート独自のアレンジも効いており、実物を手にとってみると本当に格好良かったです。
(ただ、個人的には1号機のゴーグルがもっと大きかったら満点だった!)

発売からまだ一週間も経ってませんが、アソート的に数が少ないので購入はお早めに!
これはいいものですよ!





拍手[1回]

PR
■この記事にコメントする
この記事のコメント投稿フォームです。
Name:
Mail:
Url:
Title:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass:
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
■この記事へのトラックバック
この記事のURLとトラックバックURLです。
必要に応じてお使いください。
この記事のURL▼

この記事のトラックバックURL▼

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/13 アスパラgas]
[03/03 T田中]
[01/14 早起きさん]
[04/25 ニコ]
[03/10 通りすがり]
プロフィール
HN:
シダ
HP:
性別:
男性
自己紹介:
「機動戦士ガンダム外伝 ブルーディスティニー」や一部ガンダム外伝系のネタを取り扱ってます。設定の考察よりも、設定の成り立ちや変遷を追ってます。まあ、参考程度に。

一年くらい更新を休んでましたが戻ってきました。

過去記事のは「カテゴリー」の「記事インデックス」、もしくはそれぞれの項目を参照。セガサターンソフト「機動戦士ガンダム外伝」の情報及び過去のブルー関連フィギュア、カード(2004年頃まで)についてはHP:蒼色一号を参照のこと。
メール:tdfuh1abg@hotmail.com(@は半角)
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
忍者アナライズ
フリーエリア
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 Blog蒼色一号 Some Rights Reserved.
http://blue01exam.blog.shinobi.jp/Entry/188/
忍者ブログ[PR]